小児歯科|千葉県柏市の歯医者・歯科|おの歯科医院

小児歯科

歯磨きと併せて予防歯科もご活用ください

むし歯や歯周病にならないようにするための基本は、毎日の歯磨きなどのよるセルフケアです。しかし、どんなに入念に歯磨きしていても奥歯の奥や歯と歯ぐきの間などに入り込んでしまった歯垢(プラーク)は、なかなか落としきれません。磨き残しを取り除くためには、歯科医院での定期的なケアが必要です。予防歯科を活用して、お口の健康を保ちましょう。

むし歯にならないために 歯科医院で受ける予防ケア

歯磨き指導

毎日の歯磨きはセルフケアの基本ですが、自己流だと磨き残しが多くなることも。当院では、お子さまの歯の生え方や発育段階に適した歯ブラシの選び方や正しい歯磨き方法を指導しています。親御さまには仕上げ磨きのコツをお教えしますので、毎日のケアにお役立てください。

フッ素塗布

歯の表面にフッ素を塗布する処置です。フッ素には歯質を強くし、細菌の繁殖を抑制する作用があり、歯から溶け出したミネラル分を再び歯に戻す「再石灰化」を促す働きもあります。むし歯に対する予防力を高めるためには、定期的なフッ素塗布がおすすめです。痛みのない処置なので、身構えずにお受けいただけます。

シーラント

奥歯には深くて複雑な溝があるため、食べカスなどが詰まってむし歯になりやすいという特徴があります。その溝をあらかじめ歯科用プラスチックで埋める処置を「シーラント」といいます。「シーラント」は乳歯や生えたての永久歯をむし歯から守るために役立つ処置です。

PMTC

永久歯が生えてきてからはPMTCを行います。歯科衛生士が専用の機械を使って行う歯のクリーニングです。毎日の歯磨きでは落としきれない歯と歯の間、歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)などに溜まった歯垢(プラーク)や歯石を除去することで、歯の表面をツルツルにし、汚れの再付着を防ぎます。

むし歯予防には毎日のケアが欠かせません

予防にはやはり、歯磨きなどのセルフケアが欠かせません。飲食後の歯磨きやうがいは予防に役立ちますし、就寝前は特に重要です。まずは親御さまが磨いてあげて、慣れたらお子さまご自身に磨かせてください。最初は上手にできませんが、習慣にすることが大切です。当院では、正しい歯磨き方法をアドバイスいたします。

お口のケアに役立つグッズ

歯ブラシ

普通の歯ブラシのほかにも、「音波ブラシ」や「電動ブラシ」があります。「音波ブラシ」は歯ブラシのヘッド部分に超音波発生装置が搭載された歯ブラシで、ブラシの高速振動により歯垢を除去します。「電動ブラシ」はブラシの先が回転したり振動したりする歯ブラシで、通常の歯ブラシで磨くより軽い力で汚れを落とせるのが特長です。

歯磨き粉・歯面塗布用ペースト

歯質を強化するフッ素入りの歯磨き粉や、歯磨き後に用いてミネラルを補給し口腔内環境を整える塗布用ペーストがあります。

デンタルフロス

歯と歯のすき間には歯ブラシが届かないこともあり、歯垢が溜まりがちです。「デンタルフロス」と呼ばれる歯間用清掃用の糸は、その歯垢を落とすのに役立ちます。歯と歯の間にデンタルフロスを通し、歯面に沿わせて歯垢や食べカスをかきだして除去します。