マタニティー歯科|千葉県柏市の歯医者・歯科|おの歯科医院

マタニティー歯科
  • HOME
  • マタニティー歯科

妊婦さんだからこそ、早めの治療を

当院では、妊娠中の方にも不安なく歯科治療を受けていただけるよう、マタニティ向けの歯科診療を行っています。妊娠中は、服薬や麻酔、レントゲン撮影などの放射線が気になることがあるかと思います。不安なく治療を受けていただけるように、そういった気になる事柄についてしっかりとご説明し、お薬の種類を変えるなどの配慮をしています。

妊娠の可能性がある方・妊婦中の方は、お申し出ください
事前に歯科医師と相談し、納得された上で治療をお受けください

出典元:患者一元管理システム「デンタルテン」http://www.dentalx.jp

マタニティ向けの歯科診療~妊婦中の疑問にお答えします

Q

つわりがひどいので歯科治療を受けられる自信がありません

A

つわりが落ち着く「妊娠中期(安定期)」が、歯科治療に適した時期です。つわりがひどい妊娠初期や、産気づく可能性が高い妊娠後期は避け、安定期に治療を受けてください。痛みや出血があるなど緊急時の対応については、この限りではありません。

Q

妊娠中に親知らずの抜歯はできますか?

A

妊娠中期以降であれば抜歯も可能です。しかし、通常は妊娠していると分かっている場合には産後に延期することがほとんどです。

Q

歯科治療時の麻酔は胎児に影響ありませんか?

A

麻酔について心配される方が多くいらっしゃいますが、妊娠のどの時期であっても胎児に影響が及ぶほどの濃度の麻酔は使用しません。悪影響はほとんどないと考えて良いでしょう。

Q

妊娠中の投薬は?

A

痛み止めや化膿止めなどのお薬は、妊娠中に出せるものと、出せないものとがあります。また、当院で歯科治療を行ったのち、「薬の処方は産婦人科で」というケースもあります。

Q

妊娠中のレントゲン撮影は?

A

当院ではデジタルレントゲンを採用しており、撮影でお身体に受ける放射線量はごくわずかです。さらに、お口元だけの部分的な撮影であるため全身にはほとんど影響はありませんが、妊娠中はできるだけ撮影をせず、産婦人科の医師と連携しながら治療を進めております。

Q

どこも悪くないんだけど…

A

今はどこも悪くなくても、妊娠中は口腔内環境が悪化しやすい傾向があるため、痛みなどの自覚症状が出る前に歯科医院を受診しておきましょう。産後は育児に追われて治療を受けにくい状況になりがちですので、検診で早期発見・早期治療に努めましょう。